ご相談の流れ

ここでは当法律事務所にご相談される際の流れをご説明致します。

 1.電話で相談日を予約する

 まずは相談日時を決めるために、気を楽にして、お電話ください。

 希望日時にご予約いただけない事もありますので、念のために複数の日時を考えておいてください。

 ↓↓ 離婚相談でご予約される場合の一例 ↓↓

 ○相談人 K・Nさん(女性) ―以下、Kさん

 ○仲里建良法律事務所 事務員(女性) ―以下、事務員

事務員「はい。仲里建良法律事務所です」
Kさん「あ、離婚について相談したくてお電話したのですが・・」
事務員「はい。離婚相談ですね。概要を教えていただけますか?」
Kさん「ええと、夫が暴力を振るうようになってしまいまして・・」
事務員「分かりました。それではご希望の相談日などはございますか?」
Kさん「17時過ぎに夫が帰ってくるので、それまでに帰れれば、いつでも構いません」
事務員「それでは、明後日△▲日の14時ではいかがでしょうか?」
Kさん「その時間でしたら・・ はい。大丈夫です」
事務員「ではお名前とご連絡先を教えていただけますか?」
Kさん「□□□と申します。電話番号は○○○−○○○○−○○○○です」
事務員「□□□様、お電話番号は○○○−○○○○−○○○○ですね。かしこまりました」
Kさん「あ! 3歳になる子供がいるのですが、一緒に連れていっても大丈夫でしょうか?」
事務員「はい。大丈夫ですよ。相談中は事務員が面倒を見ますのでご安心ください」
Kさん「それは助かります! あと、相談に必要な物はありますか?」
事務員「もしあればですが、医師の診断書があると良いですね」
Kさん「診断書はありませんけど、何月何日に暴力を受けた、という日記はあります」
事務員「ではそちらを当日お持ちいただけますか」
Kさん「はい。分かりました」
事務員「他には何かご質問はございますか?」
Kさん「とりあえず、他は大丈夫だと思います」
事務員「はい。それでは、明後日△▲日の14時にお待ちしております」
Kさん「はい。よろしくお願い致します。失礼致します。」
事務員「失礼致します」

 大体このような感じでご予約いただくことになります。

 歯科医や美容室を予約するような感じで、気を楽にして、お電話いただければと思います。

 なお、必要な物に関しては、ご相談内容により変わりますのでご注意ください。

 例えば、裁判の資料や契約書、債権のリストなど。

 必要な物や、事務所の場所が分からない場合は、お気軽にお尋ねください。

 2.ご相談 〜 契約の締結

 当事務所への行き方はアクセスをご覧ください。

 相談料は30分5000円(別途消費税がかかります。)とさせていただいております。債務整理については無料です。

 前もって確認したいことを紙に書いておくと、スムーズにご相談いただけます。

 ご相談後にお見積もりを出させていただきます。

 ご相談の内容によっては後日、郵送させていただきます。

 ※家族に見られたくない等の場合はその旨お申し出ください。

 お見積もりや弁護士に納得いただけましたら、契約書をお作り致します。

 ご相談時に印鑑をお持ちいただくと、その場で契約することも可能です。

 もちろん、じっくりと考えてから結論を出していただいても構いません。

 最良の結果を一緒に目指しましょう。